国内3大ECモールのテレビゲーム市場規模は、131%で急速に拡大!



Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3モールにおいて、Nint推計データ(2022年12月時点)より、2022年9月~11月のテレビゲームジャンルは人気ゲームソフトの新作が続いた追い風をうけ、市場が急速に拡大しております。


当該時期の市場規模は2021年9月~11月と比較して131%成長となり、市場が急速に拡大しています。
今後の売上規模について、推計値を元にした当社のAI分析を踏まえると、3大ECモールにおいて横ばいとの結果となりました。




また、同時期の平均単価は7,126円と前年同期比で110%と人気ゲームソフトの新作発売と併せて高単価のゲーム機本体の売上が伸びたという理由もあり平均単価の上昇が受け入れられています。
平均単価については、推計値を元にした当社のAI分析を踏まえると、3モールにおいて当該ジャンルは、横ばいとの結果となりました。
上記を踏まえると、大幅な市場規模増は需要増加による販売数増(148%)が大きな要因と考えられます。


当該ジャンルでは玩具やコンピュータゲームが主力のメーカーA社が、3モールとも首位を独走しております。人気ゲームソフトの新作と、それに併せてゲーム機本体の売上が好調だったため、売上の伸びも一番大きく首位の座を固めております。
2位は総合電機メーカーのB社となっておりますが、主力のゲーム機の品不足の影響もあり、Amazonでは2位の座を堅守しておりますが、楽天市場とYahoo!ショッピングでは2位集団に巻き込まれております。
当該ジャンルの市場規模はAmazonが非常に大きく、楽天市場の約4倍、Yahoo!ショッピングの約11倍となっております。ただしその分ショップ数もAmazonが非常に多く競争が激しいため、どのモールに注力するのかショップの判断が分かれそうです。


作成者
加藤 洋平(Kato Yohei, ERP Div.カスタマーサクセスUnit)
編集者
Nint Blog 編集長 加藤 洋平(Kato Yohei, ERP Div.カスタマーサクセスUnit)


詳細はNint ECommerceで確認できます。
なお、Nintにおけるランキングを各社でご活用いただくことが可能です。詳細は弊社まで。






◆Nint ECommerceについて
Nint ECommerceは、大手ECモール(楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon)の公開データを独自技術で集計し、商品カテゴリ別の流通額やメーカー別シェア、モールに出店する企業の商品毎の売れ筋商品や広告施策の動向分析といった市場動向データを提供することで、EC運営の意思決定をサポートします。
詳しくは、サービスHPをご覧ください。


◆株式会社Nintについて
株式会社Nintは、日本の大手ECモールのデータ分析サービスのNint ECommerceを提供する他、中国の大手ECモールのデータ分析サービスのNint Chinaも提供します。長年培った独自のデータ収集と分析手法で、日本と中国のEC市場に関わる企業様のビジネスをサポートします。
詳しくは、会社HPをご覧ください。