ニュース

Nint(ニント)データサービスのラインナップは4種類

楽天・ヤフーショップ様向け

Nint for ECommerce

  • 各ECモールのカテゴリ別市場規模が分かる。
  • ヒット商品の兆しに競合企業よりも早く気付くことができる。
  • 人気ショップの売上がいくらか分かる。
  • 競合ショップの広告戦略が分かる。

メーカー・小売企業様向け

Nint for Research

  • 各ECモールのカテゴリ別市場規模が分かる。
  • 人気商品がいくらで販売され、どれだけ売れているかが分かる。
  • ショップランキングが見られる。
  • マーケティングや商品企画のヒントが手に入る。

中国越境EC参入企業様向け

Nint for China

  • 中国最大のECモール「淘宝タオバオ」「天猫Tmall」「京東ジンドン」で今、何が売れているか分かる。
  • 中国の政策方針の変更によるトレンドの変化に気付ける。
  • 中国マーケットで人気商品がいくらで販売され、どれだけ売れているのかが分かる。
  • 淘宝タオバオ」「天猫Tmall」「京東ジンドン」のショップランキングが見られる。

メーカー・小売企業様向け

Nint for Seller

  • セラー、ASIN、商品の売上や販売数が瞬時にわかる。
  • カテゴリーの市場規模からOEM戦略が組立てられる。
  • オリジナル商品で価格競争を避けた商品モデルが見つかる。
  • 似た仕入先のセラーを自動で教えてくれる。

Nint(ニント)のデータについて

Nintのデータは、ECモールに掲載されている商品ページ、ランキング情報、レビューなどの公開情報を収集・蓄積し、
その膨大なビッグデータに独自開発の統計技術をかけあわせ、推計値として売上・販売数を算出しています。

Nint(ニント)のデータについて

Nint(ニント)活用シーン

Nint(ニント)活用シーン

例えば、こんなことに
お悩みではありませんか?
ECショップ運営 Aさん
ECショップ運営 Aさん
自社の次の売上を作りたいが
どんな商品を扱ったらいいか分からない。
Nint for ECommerceなら、他社の商品の売上がいくら上がっているか、また、商品ジャンル毎の売上推移グラフが 見られるため、商品開発や仕入れが捗ります。
Nintにおまかせ
Nintで解決
ECショップ運営 Bさん
ECショップ運営 Bさん
うちの広告の出し方って、他社と比べて
効率が悪いんじゃ無いかな?
Nint for ECommerceなら、人気ショップや競合ショップの広告出稿状況と、それに伴う売上を確認できるので、どの広告が効果があるか、一目でわかります。
Nintにおまかせ
Nintで解決
メーカーEC担当 Cさん
メーカーEC担当 Cさん
EC市場でこの商品ジャンルの売上規模は
どのくらい伸びているのだろう?
Nint for Researchなら、商品ジャンルの規模と売上推移 が各ECモール(楽天、ヤフー、Amazon)毎にわかります!
Nintにおまかせ
Nintで解決
メーカーEC担当 Dさん
メーカーEC担当 Dさん
自社のシェアってそもそも競合に
比べて高いのかな?
Nint for Researchなら、各ジャンルのメーカー毎シェアや、メーカー毎の売上推移グラフが見られるので、自社の位置付けの把握や、市場調査が可能です。
Nintにおまかせ
Nintで解決
越境EC担当 Eさん
越境EC担当 Eさん
変化の激しい中国越境EC市場で、どうやって
正しい戦略を立てればいいんだろう?
Nint for Chinaなら、中国主要モール(淘宝・天猫・京東)の売上動向が毎月わかるので、客観的な数字に基づいた戦略を立てることが可能になります。
Nintにおまかせ
Nintで解決

EC Data Lab

EC Data LabはNintのECデータを元に、ECデータから見える最新の購買トレンド情報を提供します。
楽天、アマゾン、ヤフーショッピングを中心とする国内EC市場のみならず、
天猫国際(Tmall国際)などの中国越境ECの最新購買トレンド情報も提供します。

  • 日本では、多くの方がネットショッピングをする際にAmazonや楽天を利用しています。これからAmazonへの出店を考えている人には、ネットショッピングの運営が効率化できる「FBA」がおすすめです。 この記事では、FBAでできる事、利用する際の流れ、手数料などを紹介します。FBAの活用法を理解し、さらなる売り上げの向上に役立てて頂ければ幸いです。 この記事を読むと分かる事 この記事では、アマゾンのフルフィルメントサービスである、FBAについて解説しています。この記事では、FBAで実現できること、FBAのメリット・デメリット、FBAに必要な手数料などについて説明させて頂きます。ひと通り読み終わ

  • アマゾンペイ(Amazon Pay)は、ユーザーにとって利便性が高く、さまざまなサイトや実店舗で導入され拡大しています。自社のサイトや店舗で、決済方法拡充のために導入を検討している方は多いのではないでしょうか? この記事を読むと分かる事 この記事では、注目度が高まっているアマゾンペイ(Amazon Pay)について、特徴やメリット、注意点や導入事例などを詳しく紹介します。EC担当者目線でも執筆・監修をしていますので、今後アマゾンペイ(AmazonPay)の導入を検討されている方には参考にして頂けると思います。 この記事の信用性と想定読者像 ECデータサービスを提供する株式会社Nintに

  • 1日で楽天の年間流通総額を超えたと日本のメディアでも多く取り上げられた今年の独身の日。アリババ発表の総流通額は約3.6兆円(※1)であったが、その巨大な流通の内訳はどうなっていたのか、中国越境ECデータサービス「Nint for China」のデータを利用して読み解いていく。なお、ECDataLabでは、2016年、2017年の独身の日についても過去にそれぞれレポートしているので、比較してご覧いただければ幸いである。 本記事は株式会社Nintの提供する中国越境ECデータサービス「Nint for China」の発行する有料レポートの一部を記事にしたものである。より詳細なデータをご希望の方はこ

  • more..