ニュース

Nint(ニント)データサービス

楽天・ヤフーショップ様向け

Nint ECommerce

  • 各ECモールで売れている商品が分かる。
  • 他ショップの広告や価格変更、改名時期が分かる。
  • 各ECモール内のジャンル毎の市場規模が分かる。
  • ショップ内メーカーシェアが分かる。

中国越境EC参入企業様向け

Nint China

  • 中国最大のECモール「淘宝タオバオ」「天猫Tmall」「京東ジンドン」で今、何が売れているか分かる。
  • 中国の政策方針の変更によるトレンドの変化に気付ける。
  • 中国マーケットで人気商品がいくらで販売され、どれだけ売れているのかが分かる。
  • 淘宝タオバオ」「天猫Tmall」「京東ジンドン」のショップランキングが見られる。

Nint(ニント)のデータについて

Nintのデータは、ECモールに掲載されている商品ページ、ランキング情報、レビューなどの公開情報を収集・蓄積し、
その膨大なビッグデータに独自開発の統計技術をかけあわせ、推計値として売上・販売数を算出しています。

Nint(ニント)のデータについて

Nint(ニント)活用シーン

Nint(ニント)活用シーン

例えば、こんなことに
お悩みではありませんか?
ECショップ運営 Aさん
ECショップ運営 Aさん
ネットで売れている商品を知りたい!
ECモール上で今売れている商品を把握できます。今売れている商品を見つけて、トレンド商品をいち早く仕入れましょう。
Nintにおまかせ
Nintで解決
ECショップ運営 Bさん
ECショップ運営 Bさん
いつどんな広告を出せばいいか悩む。。
競合ショップがいつどんな広告を出しているかわかります。広告費が無駄にならないように、効率的な広告に予算を使いましょう。
Nintにおまかせ
Nintで解決
メーカーEC担当 Cさん
メーカーEC担当 Cさん
商品の値下げや改名の
タイミングが分からない。
どこのショップのどの商品が値下げや改名したかすぐにわかります。都度競合ショップの動きを見て、先手の行動が出来るようにしましょう。
Nintにおまかせ
Nintで解決
メーカーEC担当 Dさん
メーカーEC担当 Dさん
ECモール内の自社のシェアって
どれぐらいかな?
ECモール内各ジャンルのメーカー毎シェアや、メーカー毎の売上推移グラフが見られるので、自社の位置付けの把握や、市場調査が可能です。
Nintにおまかせ
Nintで解決
越境EC担当 Eさん
越境EC担当 Eさん
中国越境EC市場で、
正しい戦略を立てたい
中国主要モール(淘宝・天猫・京東)の売上動向が毎月わかるので、客観的な数字に基づいた戦略を立てることが可能になります。
Nintにおまかせ
Nintで解決

EC Data Lab

EC Data LabはNintのECデータを元に、ECデータから見える最新の購買トレンド情報を提供します。
楽天、アマゾン、ヤフーショッピングを中心とする国内EC市場のみならず、
天猫国際(Tmall国際)などの中国越境ECの最新購買トレンド情報も提供します。

  • Nintカスタマーサクセスチームの平塚です。 この記事はNintECommerceの全データの中から特定のジャンルや商品など独自にピックアップしたテーマでカスタマーサクセスチームがNintご契約中の会員様限定でお届けしていきます。 第1回目は5月の楽天市場について! 5月は自粛継続が続く中、下旬に緊急事態宣言が解除されるなど世の中の流れが大きく変った月度でした。そのような中で楽天市場の5月情勢について月別、ジャンル別、日別で分析し、5月の振り返りと6月以降の展望を解説致します。 ※ニントの独自推計データです。 5月は昨年対比138%!3ヵ月連続で昨対比超過 楽天市場の直近売上は3ヵ月連

  • 新型コロナウイルス(covid-19)の影響でマスクの需要が高まり、高額なマスク転売が注目されたことで、日本政府が3月10日にマスク転売防止のための法案を閣議決定したことは、まだ記憶に新しいかと思います。 今回は楽天市場で5月26日時点で販売されていたマスク50枚の商品を、Nintのデータを見ながらご紹介したいと思います。 【データ抽出方法】 * 対象モール:楽天市場 * 対象商品:「マスク 50枚」を商品名に含む商品 * 商品数:179商品 * データ期間:2020年4月1日〜5月26日 【目次】 ▼楽天市場のマスクはほぼ中国製 ▼最高価格は中国製で5,980円、日本製で8,250

  • リアルタイムでライブ動画を視聴しながらオンラインショッピングできるライブコマースは、日本では大手ECモール「楽天市場」が「楽天Live」、「Yahoo!ショッピング」が「Yahoo!ショッピングLive」をサービスとして展開しています。SNSで人気の「Instagram」でも、ライブ配信が多く視聴されていたり、徐々に利用が増えてきているものの、まだまだ認知度は低く発展途上の段階です。一方、EC先進国の中国においては、大変人気かつ一般的な販売手法として定着しつつあり、2019年の市場規模は約4,300億元(約6.4兆円)という調査結果があります。 ◆目次 ▽中国ライブコマース市場規模の推移 ▽

  • more..