Nint China

【2022年6月28日開催】中国年中商戦「618」徹底解説セミナー ~販売実績からトレンド、今後の対策までまるわかり~

中国EC最大の商戦期と言われる「独身の日」に匹敵する規模となり、注目されているのが“年中商戦”と呼ばれる「618」です。2021年の618では、EC大手の京東の総売り上げが3,438億元(約5兆8,000億円)となり、前年の27.7%増で過去最高の売上を記録しました。また、アリババが運営するECモールの淘宝(タオバオ)や天猫はセール期間中の販売総額を公表していないものの、淘宝のライブコマースによる販売額は開始後1時間半で20億元(約340億円)を突破し、昨年の全セール期間中の売上を更新したと話題になりました。このようなことからも、618は中国市場における越境消費の活性化タイミングとして非常に重要なイベントであることが分かります。



 一方で、京東で昨年の618の売上が1億元(約17億円)を超えた236ブランドの詳細を見てみると、約73%が中国国産ブランドとなっており、日本を含む中国以外の国の企業には、“中国における国産ブランドの台頭”という課題があることも事実です。



 そこで、中国展開を実施中・検討中の日本企業向けに、ECモールの市場動向データを提供するNintと共同で、新型コロナウイルスがEC業界に与えた影響を分析するとともに、618の数値データを振り返りながら今年のトレンド解説、日本企業と中国企業の取り組み事例、618の結果を踏まえた今年の独身の日への対策まで、あらゆる角度から徹底的に解説するセミナーを当社中国オフィスの堀井とアライドアーキテクツ株式会社 番匠様 にてご案内いたします。



▼詳細・お申込みはこちら▼

https://service.aainc.co.jp/global/seminar/2022/618